心にひっかかった世の中のニュースをお届け。

書ききれないこと

未分類

東京五輪でもマネすべき! ロシアW杯で実体験した「最先端IDカード」のスゴさ

更新日:

フランスの優勝で幕を閉じたFIFA World Cup 2018。世界中からロシアに集まっていたファン・サポーターたちも、それぞれ帰路についた。弾丸旅行の人もいれば、全期間ずっと滞在していたという人もいるが、それぞれの旅の形に合わせて、さまざまなテクノロジーがファン・サポーターの「旅のお供」となっていた。2002年の日韓大会で韓国を訪れて以来、5大会連続で現地を訪れている筆者が、実体験も踏まえながらレポートする。

【詳細な図や写真】ファンの群集を撮影するドローン。FIFA Fanfestは500万人のファンを集めた(筆者撮影)

●「ワールドカップ参加者」であることの絶対的な証、FAN ID

ロシア・ワールドカップに訪れたファンにとって必須のアイテムが“Fan ID”である。社員証のように、顔写真のついたカードをストラップで首からぶら下げるこのIDは、今大会で始めて導入された、ファンのキーアイテムだ。

Fan IDの公式サイト によれば、このFan IDは、すべての観戦者が発行しなければいけない証明書であり「スタジアムでの快適さと安全性」「ロシアのビザ免除」「無料乗車」を目的としたものであると説明されている。

2018年4月にロシア情報技術・通信省はFIFAワールドカップのために50万人分のFan IDを発行したことを発表した (その後も大会中にかけてまでチケットの追加販売が続いていることを鑑みると、50万人よりもさらに多くのファンがスタジアムを訪れていることになる)。

この政府発表によれば、全体の50%はロシア人で、次点は米国人2万2,500人、メキシコ人1万6,000人、中国人1万4,500人、コロンビア人1万4,200人と続く。

自国代表が出場していないにもかかわらず、米国と中国のファンが上位を占めているのは驚きだ。米国のファンはUSAのユニフォームを着ている人がほぼ皆無で、現地で見かけなかった(分からなかった)のだが、中国のファンを特にモスクワやサンクトペテルブルグで非常に沢山見かけた。

多くがドイツやブラジル、アルゼンチンなど、強豪国のユニフォームを着ていた。今大会の公式スポンサー17社のうち4割にあたる7社が中国企業ということもあり、至る所でロゴやブースが目に付き、中国のエネルギーに圧倒された。

また、ロシア各地でコロンビア人と出会う機会が非常に多く、対戦国でもあった国のファンが大挙してロシアに押し寄せるその熱量に圧倒され、日本から駆けつける仲間の少なさに寂しさと課題を感じていた日本人サポーターが、筆者以外にも多かった。

このFan IDはワールドカップのチケット所有者に対して、大会期間中に限り、ロシア入国の査証(ビザ)を免除する代わりに発行を義務付けたもので、外国人の身分証明証として非常に重要な意味を持つ。

FIFA及びロシア政府は、フーリガン(悪質な行為を行うファン)やテロリストや犯罪者の入国やスタジアム来場を防ぐためにこのFan IDを利用しており、空港の入国審査及びスタジアム入場の際に、このFan IDが機械に認証されなければ入れない、といった徹底ぶりであった。

●FAN IDが示す個人認証の可能性

このFan IDは、交通機関のシステムとも連動して個人認証に使われている。

開催都市とモスクワなどを結ぶ長距離寝台列車や空港と市街地を結ぶエアポート・エクスプレスやエアポート・バスの予約・乗車の際にFan IDを使えば試合日の利用が無料になった(一部交通機関は、その前後日も無料)。

また、ロシア国内航空の予約の際にも個人認証の一環でFan IDの入力を求められた。

つまり政府当局、交通機関、FIFAらが連携して安全・安心を管理する上で、Fan IDが各機関のシステムをつなぐハブの役割を果たしている。

また、Fan IDを持っていくと博物館や美術館などの名所で入場がディスカウントになることも多く、観光面でもありがたいアイテムでもあった。

筆者の滞在中、試合の有無に関わらず、街中にFan IDを身につけた沢山の人々が闊歩している風景はお馴染みで、筆者自身も外出中はほとんど首からぶら下げていた。

ファン同士の交流の際には(相手が日本人でも外国人でも)、まるで名刺交換のようにFan IDを見せ合うのも定番であった。

そのため「管理のためのID」という窮屈な感覚はまったくなく、筆者を含め、自身の「ワールドカップに来ていることの証明」になっていた。帰国して成田空港で首から外す際には、旅の終わりを感じて感傷的になるほどだった。

ロシア政府は、大会終了直後にFan ID保有者について2018年末までビザ免除でのロシア再入国を認めることを発表した。Fan ID導入が大成功だったことを受けてのことだろう。

開催国、ファン、サポーターに好意的に受け止められ、ロシア大会の象徴となったこの仕組みは、次回のカタール大会以降も引き継がれていくのではないだろうか。

日本の立場から考えれば、2020年の東京五輪にも十分応用できる。

●SIMフリースマホ普及で変わる、日本サポーターのモバイル事情

日本では2015年にSIMロック解除対応が義務化された。今大会はその後で行われる初めてのワールドカップとなった。ブラジル大会以前は、開催国の現地SIMを使いこなしている日本人サポーターは少数派だった。

モバイルWi-Fiや海外用レンタル携帯電話を使っている日本人が多かったのだ。今大会は、筆者の知る限り大半の日本人がSIMフリーのスマートフォンをロシアに持ち込み、現地で購入したSIMを使いこなしていた。

これによって「現地の電話番号を入手できた」ことは非常に大きい。各施設のWi-Fi認証や各種サービスの予約、配車アプリの個人認証等、スマホ操作のさまざまな場面で、電話番号の入力とSMS受信を求められるシーンが多かった。

過去の大会ではそこで手も足も出なくなり、泣く泣く高額な国際ローミングをONにして日本の電話番号を使う、という人も少なくなかった。その点で、多くの日本人サポーターが、今大会でようやく快適なモバイル環境を手に入れたと言える。

プリペイドSIMカードの料金も安価で、2000~3000円も払えば、1カ月間7GB~無制限のデータ通信と一定時間の通話ができる。

今大会ではスタジアムにWi-Fiが整備され、ファンの通信事情を全面的にバックアップする姿勢が感じられた。

一方、移動の多いワールドカップ旅行者たちには、前回紹介した試合中継が見られる放送アプリの利用などのニーズも強く、SIMが安価で利用できることの恩恵が何よりも大きかっただろう。

電波の面では、ロシアの通信網は概ね問題はないものの、日本よりもややつながり難いと筆者は感じた。

スマホ画面にアンテナが立ち「4G」とある時でも、データ受信に時間がかかったり、表示が「3G」やそれよりも下位の「E(EDGEネットワーク)」に変わることがしばしばあった。

このような通信条件のためか、出会ったロシアの方の多くがGoogle Mapsなどの欧米や日本でメジャーなものではなく“2GIS”というロシア発のオフライン・ベースの地図アプリを使っていることが興味深かった。

また、LINEなど一部のアプリはロシア国内では規制がかかり、使えなかった。

●サポーターを助けた「ロシア版ウーバー」

現地で訪れたサポーターを大いに助けた大活躍のスマホアプリといえば、配車アプリ”Yandex.taxi(ヤンデックスタクシー)”と”Gett(ゲット)”だろう。大きな荷物を持って慣れない外国の街中を動く上で、タクシーは非常に重要な交通手段であり、特に地方都市では不可欠である。

ロシアで最もプレゼンスの高い配車アプリはYandex.taxiだ。ヤンデックス社はWEBメール、地図、動画など、さまざまなWEBサービスを展開する「ロシア版Google」のような大手IT企業であり、その一環としてタクシー事業を展開している。

米国などではお馴染みのウーバーは、ロシアでは上記の2大都市でしか使えない(それ以外の地域ではアプリ上に車輌が表示されない)のだが、実はヤンデックスがウーバーのロシア拠点を買収して傘下に収めている。

そのためか、Yandex.taxiのアプリの構造は基本的にウーバーとほとんど同じものになっている。おかげで言語の問題からドライバーとコミュニケーションが取り難い点を除けば、料金も安価で、使い勝手の良い快適なアプリであった。

ひとつ問題を挙げるとすると、Yandex.taxiではクレジットカードが受け付けられなかった。ほとんどの日本サポーターが、アプリ上でのクレジットカード登録がエラーとなってしまい、現金払いを余儀なくされていた。

筆者も、日本と米国のクレジットカードを複数枚試したが、すべてNGであった(ロシア現地のカードであれば通ったのであろう)。

一部の日本人の間では、車輌の数がやや少ないもののクレジットカードを受け付けるGettを、代替手段で使っていた。

-未分類

Copyright© 書ききれないこと , 2019 All Rights Reserved.