心にひっかかった世の中のニュースをお届け。

書ききれないこと

未分類

一番重要な情報は、ググっても見つからない

更新日:

「結果」を「評価」に直結させるために、できる人は「最も合理的に成功するルート」を進むものです。サイバーエージェント出身の経営コンサルタント福山敦士氏が、新著『成功する人は1年で成果を出してくる!』の中から、短期間で合理的に実績を出すヒントを教えます。最終回となる今回は、本当に価値ある情報が、果たしてインターネット検索で見つけられるのか、というテーマです。

● プロ野球中継は減ったが 球場に来るファンは増えている

10年前ぐらいから、プロ野球のテレビ中継が大幅に減ってきたように思います。さまざまな動画メディアが普及したことは大きいのでしょう。

では、野球人気がなくなったのかといえば、実際に、球場に行ってみるとそんなことはなくて、横浜スタジアムに行くと観客は明らかに増えています。

かつて、僕が大学生当時の横浜スタジアムは、その日にチケットを買ってふらっと入って、まわりに誰もいないので、4、5席分使って、友人と2人で話しながら観戦できていました。

最近は、立ち見だったり、みんな一所懸命に応援していて、とてもおしゃべりできる雰囲気ではなかったり……。

また今では、敵味方の境があまりなくなってきました。以前は、1塁側はホームチームの応援団、3塁側は相手チームの応援団というのが鉄則、暗黙の了解だったのですが、3塁側にホームチームのファンがいたり……。

 各球団のファンはもしかすると減っても、プロ野球全体のファン人口が増えてきて、選手個人のファンがより増えてきているのではないかなという気もしています。

これは僕なりの解釈ですが、どこかにある情報ではなく、現場に行ってはじめてわかる情報です。

そうして考えているうちに、それはプロ野球だけに限った話ではないのではないか、飲食店やテーマパークもそうかもしれないのではないかと思えてきました。

世の中の動きや流れを考えるきっかけにもなります。それがビジネスでの発想に活かせることがある。

最新の情報や重要な情報は現場でないとわかりません。人がたどり着かない情報ソースを知っているというのは、それ自体が「武器」になるのです。

● すごく大切なノウハウは Googleで探しても出てこない

「ググるように」とか「調べてから来てください」とフィードバックをする上司がいます。

いいたい気持ちもわかりますが、調べるにはテクニックが要ります。聞いたほうが早いときがよくあります。

仕事のやり方もそうですし、本を10冊読めといわれても、10冊読む時間より、得意な人に聞いたほうが早かったりします。

こと最先端のIT業界とかインターネット業界はまさにこれで、一番新しい情報はGoogleで探しても見つかりません。すごく大切なノウハウは検索しても出てこないのです。

ノウハウは、本質的には人にしか蓄積されないので、人に聞くしかありません。Googleで検索しても、一生答えにたどり着かない可能性さえあります。

大事なことや最先端のことはWeb上には落ちていないので、検索する前に、できる人にちゃんと聞くとか、できたことがある人に聞きましょう。

● 企業も国のトップも 一番大事な話は、会って話す

臆せず聞くことが、スピードアップの上では非常に重要です。「こんなこと聞いたら、何か変に思われるかなぁ」と思い悩む時間が、実は一番の時間ロスです。

聞いてみて、「そんなの答えられるか」といわれたら、聞く人を間違えたか、もしくは聞き方を変えるとか、何か相手に貢献してから聞いてみるなど、工夫してみるといいかもしれません。

情報は無料といわれていますが、結局、全然表に出てこない大切なノウハウはいくらでもあるのです。

人目に出すことを前提として出されている情報は、所詮表向きの情報だったりします。直接聞きに行ったり、会話をしたりしないと出てこない情報があります。

このことを誰でも、実は本能的には知っているのではないでしょうか。だから、企業も国のトップも一番大事な話は、会って話すのです。

会話には「見えない情報」がつまっています。メールではうまくいかなかったことが、直接会って話すことで解決するというのはよくあること。会話には、感情や間合いなど暗黙的な情報も多く含まれるのです。

ダイヤモンド・オンライン

-未分類

Copyright© 書ききれないこと , 2019 All Rights Reserved.