心にひっかかった世の中のニュースをお届け。

書ききれないこと

未分類

日焼けに関する5つの真実 「健康的な日焼け」はあり得ない?

更新日:

太陽の光を浴びると、気分がよくなることは確かだ。それは、精神の安定に関わる神経伝達物質、セロトニンが分泌されるためだ。また、日光は体内のビタミンD生成も助ける。

だが、日焼けとそれによる炎症について、私たちは科学的にどれだけ正しく理解しているだろうか?以下、日焼けとそれによる炎症についての幾つかの真実を紹介する。

・ 「健康的」ではない?

「日焼けによる実質的なメリットはない。日焼けはただDNAに損傷を与え、結果としてシワを増やすだけだ。日焼けスプレーを使用する以外に、”健康的”な日焼けはない」

米国皮膚科学会のフェロー、キャロリン・ジェイコブはそう断言する。だが、日焼けの安全性についての意見は大きく分かれているようだ。

ハーバード大学医学大学院のウェブサイトには先ごろ、皮膚に関する通説の誤りを指摘する記事が掲載された。それによると、「SPF30以上の日焼け止めを塗る、最も日差しが強い時間を避ける、といった予防策を講じる限り、軽度または段階的な日光への曝露を慎重に繰り返すことは、危険ではない」という。

・ DNAの損傷は修復不可能か

長年に及ぶ公衆衛生キャンペーンにもかかわらず、欧米では皮膚がんを発症する人が増え続けている。1992~2001年の間に、罹患率は2倍に上昇した。米国では、1時間当たり平均1人が命を落としている。

皮膚がんは、早期に発見されれば治療が可能だ。だが、10代後半までに1度でも水ふくれができるほどの日焼けをすれば、悪性黒色腫(メラノーマ)を発症する危険は2倍に高まる。また、こうした状態を15~20歳の間に5回以上経験すれば、リスクは80%高まるという。日光は皮膚細胞のDNAに、さまざまな形で損傷を与えるのだ。

日焼けは予防した方がいいことは、私たちの誰もが知っている。だが、炎症を起こすほどの日焼けをしてしまった場合には、どうすればいいだろうか。前出のジェイコブによれば、「日焼けで皮膚が炎症を起こしたときは、ビタミンCやEなどの抗酸化物質や、アロエベラなどの抗炎症作用のある成分を取り入れることで、細胞を鎮静化することができる。また、ヒドロコルチゾンを含むステロイド外用薬などは、処方箋なしで購入することができる」。

ただし、これらは皮膚のDNA修復を実際に助けるかどうか、ただ単に不快感を軽減したりするだけなのか、まだ明確な答えは出されていない。

なお、紫外線を浴びたDNAの修復に役立つ複数の酵素を含むとうたった高価な日焼け止めが販売されているが、商品の有効性を裏付けるエビデンスは十分とは言えず、それらの酵素はいずれも、米食品医薬品局(FDA)の認可を得ていない。

・ 白人以外にも発がんリスク

白人の方がその他の人種よりも、皮膚がんを発症するリスクが高いのは確かだ。例えばアフリカ系米国人は、DNAの損傷を防ぐメラノサイト(色素細胞)やメラノソーム(細胞質内の色素顆粒)をより多く持っている。

ただ、それによって皮膚がん発症のリスクが完全になくなるわけではない。アフリカ系やアジア系、カリブ系には、手のひらや足底などに発生することが多い末端黒子型メラノーマの発症率が高い。

ジェイコブによると、このタイプのメラノーマには遺伝的リスク要因がある。家族に罹患者がいる場合は、変わったホクロ、シミ、しこりなどを注意深くチェックする必要がある。

・ 日光にも「中毒性」がある?

日焼け用のタンニングベッドが広く普及し始めたのは、1970年代だ。研究者らによれば、最近になって中年女性を中心にメラノーマの発症率が上昇しているのは、若いころの習慣が原因となっている可能性があるという。

こうした見方の根拠になっているのは、マウスを使った実験で「日光に繰り返し曝露されると、体にヘロインと同様の効果をもたらす神経伝達物質のエンドルフィンが分泌されると考えられる」との結果が示されたことだ。だが、マウスは夜行性の動物であり、通常は毛で覆われている。この結果のヒトとの関連性については、疑問視する声も上がっている。

ただ、太陽の光を存分に浴びた休暇の後に落ち込んだ気分になったことがあるというなら、それはあなたが少し”日光中毒”気味になっていたことが一因なのかもしれない。

・ 日光の浴び方で危険度に違い

私たちのほとんどは、日中の大半を屋内で過ごしている。また、冬の間は寒さを防ぐために、体の大半を覆い隠している。つまり、私たち日光への曝露は、年に数週間という短い期間に集中することになる。これは、皮膚と皮膚がんの発症率にどのような影響を及ぼすのだろうか。

ジェイコブは、「短期間の断続的な日光への曝露は、毎日数分の曝露より有害だと考えられる。例えば、長期にわたってほとんど日光を浴びていない人が、あるとき5日間連続して日光にさらされることは、非常に危険だ。細胞が自己修復する時間が与えられないためだ」と説明する。

日光を浴びることについて気を遣っている人でも自分で考えている以上に、大きなダメージを受けているのかもしれない。

引用元:livedoor

-未分類

Copyright© 書ききれないこと , 2019 All Rights Reserved.