心にひっかかった世の中のニュースをお届け。

書ききれないこと

ライフ

これで浮気を見抜け! メンタリストDaiGoが教えるウソの見破り方

更新日:

急にオシャレになった。外出が増えた。スマホを片時も手放さない。妙に優しい。

これを見て、ピンときた方は経験あり!? 実はこれ、浮気を見抜くためのチェックポイント。人の言動をよく観察すると、その人の心まで見えてくる!?

心理学をベースにした人の心を読み自在に操る“メンタリズム“を広めたメンタリスト・DaiGoさんに、メンタリズムを駆使した「浮気の見抜き方」について教えていただきました。

浮気を見抜くにはどうすればいい?

【男の浮気を見抜く方法】
女性が、男性の浮気を見抜くポイントは? また、どんな男性が浮気をしやすいのでしょうか。

“突然“の問いかけで揺さぶる
「男性の浮気を見抜くのは女性の方が得意です。疑わしいことがあれば、さりげなく、かつ突然、『今日は何かいいことあった?』など言ってみるといいですね。この“突然“が重要で、咄嗟の言動にはボロが出てしまうんですよね。また、実際に浮気をしている人には、『なんでバレた?』と、プレッシャーを与えることもできます」

マッチョな男性はウソはつかないけど浮気率が高い!?
「マッチョな人には申し訳ないですが...。マッチョな人はウソはつかないけど、その結果浮気もしやすいと言われています。理由は、マッチョな人はテストステロン(男性ホルモン)値が高いから。この値が上がれば上がるほど、自分を貫き通そうとするのでウソがつきづらくなります。その逆効果により、自分の欲望にもウソがつけないので浮気をしやすくなるんです」

浮気を隠すにはどうすればいい?

【男が浮気を隠す方法】
浮気を見抜くポイントは、浮気男をぎゃふんと言わせたい女性にとって、ためになる情報ですね。では、この方法で追い詰められた男性が浮気を隠すには、どうすればいいのでしょうか?

「なるべくウソはつかないようにすること。
例えば、浮気相手の女性と会う予定があれば、その前に後輩と一杯飲んで、それから女性と会う。朝帰りするなら、立ち食いの蕎麦屋にでもよって、蕎麦屋の大将とちょっと話してから帰る。そうすると、奥さんや彼女に『遅かったね』と言われても、『後輩と飲みに行って』とか『朝まで飲んでて、蕎麦食べてきた』と、事実を話すことができる。ウソを真実で挟むことで、バレづらくなります」

ちなみに「付き合う前なら男性の方が女性のウソを見抜きやすく、付き合った後は女性の方が男性のウソを見抜きやすくなります」とDaiGoさん。

ある実験では、見知らぬ男性と女性が話している様子見せ「この男性(または女性)は浮気をしていますか?」と聞いたところ、男性の方が浮気性の女の人を見抜く確立が高かったそう。ただし、それは“付き合う前“に限って。男性は「釣った魚に餌をやらない」ため、奥さんや彼女の対しての注意力や観察力が落ちてしまうからなのだそう。

【女が浮気を隠す方法】
男性に有益なばかりでは不公平なので、女性にも...と聞いてみたところ、「女性が浮気していて、それを隠すという場合には、生物学的に別の問題がでてきます」とDaiGoさん。

「生物は子孫を残すため、男性はばら撒けばいいですが、女性は妊娠すると1年近くは次の子孫を残すことができないため、どの遺伝子を残すのか選択が必要になってくる。そこで、女性はより優秀な男性がいたら乗り換えます。
そういうことから、女性が他の男性に行く、つまり乗り換えるのは“浮気“なのかどうか、という問題になってきますね」

ちなみに、自然界では雄は30%強が自分の遺伝子以外の子を育てています。人間界でも、先進国である日本では、17%は自分の遺伝子ではない子どもを育てていると推定されているのだそうです。

【浮気防止の方法】
以上のことから、浮気を防ぐ方法は?
「男性が女性に浮気されたくなければ、男は頑張ってより強くなる。逆に、女性が男性に浮気されないようにするには...残念ながら手立てはないんです」

なんと! 女性にとっては、どうにもスッキリしないのですが...。

“成功“と“安定“は両立しない!
「男性に仕事などで成功してほしいなら、彼女の一人や二人は許した方がいいという研究結果があります。男性に対する“成功してほしい“と“安定がほしい“という願いは両立しないんです。

男性の“成功“はテストステロンと大きく関係があり、男性は結婚するとテストステロン値が落ちるんです。男性は、結婚後は先進的な事業を行わなくなり、研究者も面白い論文を書かなくなるという研究結果があります。挑戦をやめ、安定を求めるようになるということですね」

例えば、芸人の奥さんで「芸の為なら浮気は許します」という話をよく聞ききます。これに対しては、「成功者の奥さんとしては、正解です」とDaiGoさん。でもそれは、その人のライフスタイル。自分は何を望むのか、自分と相手にとっては何が幸せなのかを考え、自分なりの選択をすることが大事ですね。

モテ度が下がるNG行為は?

ウソや浮気を見抜くなどネガティブ方面ではなく、ポジティブな方面でもメンタリズムを活用できるはず! 恋愛に関する、興味深いお話もうかがいました。

男は笑顔、女性は自信でモテ度が下がる
「男は“笑顔“、女性は“自信“でモテ度が下がるという研究があります。
頭の良さを前面に出す女性は基本モテません。女性の社会進出は素晴らしいですが、頭が良いことを前面に出すことは、モテ度ということとなると間違っていますね。“キラキラアカウント“や“ワークライフバランス“などは、モテ度という意味では違った方に女性を導いていて、危険です(笑)」

若い世代は結婚してもメリットがない!?
「現在、30代前半より若い人は結婚してもメリットがないという研究結果が出ています。
実は、人間関係が、最も人間の幸福度を高め、健康度を上げる。逆に孤独な人はタバコを1日に15本吸う程度の健康被害を受けていることになるそうです。

昔は結婚により人間関係を構築していましたが、現代はネットなどの普及でこれまでとは違うコミュニティの作り方ができるようになりました。だから、わざわざ結婚における制限や犠牲を払ってまで結婚生活を維持する必要があるのかということになりますよね。幸福の形も多様化していますので、“結婚したら絶対に幸せになれる“と妄信するのは危険です」

人の心がわかるようになるには?

ドラマの主人公・絵麻や、DaiGoさんのように、人の心を見抜けるようになるためには、どうしたらいいのでしょうか。DaiGoさんは「科学的に根拠があるものは非常に少ないです」と前置きした上で、日常生活の中での3つのポイントを教えてくれました。

【ポイント1】ストーリーに触れる
「小説や映画やドラマなど多くの“ストーリー“に触れること。自分とは違う思考を持った登場人物たちの、様々な言動を知ることができるからです」

【ポイント2】脳の状態を良くする食生活
「脳の状態を良くするために、食生活も重要。ポテトチップス、ポテトフライ、加工肉(ハム・ソーセージ)はやめた方がいい。それ自体のカロリーが高いだけでなく、食欲を促進するので990カロリー分余計に食べることになるという研究があります。食欲の暴走は脳にもよくないです」

【ポイント3】内向的な人は行動心理捜査官の才能あり
「内向的であること。外交的な人の方がコミュニケーション能力が高く見えますが、外交的な人は自分が中心であるため相手には関心がない。新しいコミュニティでも最初はうまくいきますが、意思疎通する能力は低いんですね。逆に内向的な人は、相手のことを考えすぎて、なかなか友達ができない。でも、相手の気持ちを察することができるので、メンタリストや行動心理捜査官の才能はあると思います」

DaiGOさんは嘘を見ぬける?
「自分は絶対にウソを見抜く!」と自信満々の人より、自信がない人の方がウソを見抜く能力が高いそう。

「僕は見抜けなくていいと思っています。見抜こうと思うような相手や、見抜かないとダメな仕事からは、距離を置くようになっています(笑)。

疑ってばかりではなく、『騙されてもいいや』と思うと真実が見えてくるんです。疑り深い人は、適度な距離を保ってキープしておいた方が人間関係まで捨ててしまう。疑うことをせず、『どっちでもいい』と思うことは、人間関係を構築するうえで大切なことなのかもしれませんね」

DaiGo プロフィール】
英国発祥の「メンタリズム」を日本のメディアに初めて紹介し、日本唯一のメンタリストとしてTV番組に出演。その後、活動をビジネスやアカデミックな方向へ転換、企業のビジネスアドバイザーやプロダクト開発、作家、大学教授として活動。

サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」から

 

テレ東プラス

-ライフ

Copyright© 書ききれないこと , 2019 All Rights Reserved.