心にひっかかった世の中のニュースをお届け。

書ききれないこと

キャリア・教育 ライフ

英語の早期教育は 「考える力」を弱める

投稿日:

親ならば、子どもには賢く育ってほしいもの。しかし賢い子とは、どんな子どもだろうか。IQや偏差値が高い子や、受験勉強が得意な子ばかりが賢い子ではない。
もし、自分の損得だけに使う「知恵」を賢さだとカン違いして、それを自慢に思う子どもがいたとしたら、近い将来、彼(彼女)は社会からのけ者にされていくだろう。それが集団心理の基礎だから……。
弱い人の味方になれる子、自分の意見を持てる子、それをきちんと表現できる子、他人を心から応援できる子、そして素直な夢を描ける子……そんな前向きな心で人生にトライできる子どもに育ってほしいという願いを込め、心理学者・植木理恵さんはダイヤモンド社から『賢い子になる子育ての心理学』を上梓した。
心理学が積み上げてきた膨大なエビデンスをベースに、知っておきたい子育ての「正解」を解説していく。

必要ない情報を脳は
自然に削っていく

早期教育というと、たいていの人はプラスの面ばかりを見がちですが、反対にマイナスの影響も考慮する必要があります。マイナスの影響が端的に生じる可能性を持つのが、英語など第2言語の早期学習です。

英語圏のネイティブはRとLの音を自然と聞き分けたり、発音できたりしますが、日本人にはそれができません。英語圏で生きていくには、RとLの違いは重要なことですが、日本語を日常的に使う人間にとっては、その違いを区別する必要がありません。必要がないと判断されたものについては、脳はどんどん削っていきます。脳の活動には節約原理が働くからです。

認知心理学では、「脳は節約家である」とか「脳はケチである」といった表現がされます。日常で必要ない情報は、脳は取り入れたりため込んだりせずに、外にはじいてしまう性質があるということです。

あなたは「R」と「L」の発音の区別が上手にできますか? とても微妙な違いですから、これはネイティブにしかできません。ところが、じつは私たちは誰しも生後数か月くらいまで、この微妙な違いを完全に聞き分けることができていたのです。

しかし、日本語を習得する上で、その分別力は不必要なものになってきますよね。日本語を話す上で、舌を内側に巻いて「R」という必要もなければ、舌を上の歯につけて「L」という機会も皆無でしょう。それよりも、明確に「ら・り・る・れ・ろ」といえるほうが、美しい日本語の発音ですよね。その日本語環境に、私たちは生後まもなくしてさらされることになります。

そこで、「節約原理」「ケチ脳」の登場です。日常的に不必要な労力・能力を、脳はどんどんカットしていきます。生きていく上で必要のないことまで、脳は重い認知負荷を背負いません。

言語をごちゃ混ぜに覚えると
子どもの脳は混乱する

植木理恵(うえき・りえ)
1975年生まれ。心理学者、臨床心理士。お茶の水女子大学生活科学部卒業。東京大学大学院教育心理学コース修了後、文部科学省特別研究員として心理学の実証的研究を行う。日本教育心理学会から城戸奨励賞、優秀論文賞を史上最年少で受賞。現在、都内総合病院でカウンセリングを行い、慶應義塾大学では講師を務める。また、気鋭の心理学者としてフジテレビ系「ホンマでっか!?TV」でレギュラーを務め、幅広い層から支持を集めている。

人の「成長」とか「学習」とかいうと、正しくて新しいことを覚えていくことを想像されると思います。しかしそれだけではありません。脳の成長とはたんにさまざまなものを足していくことではなく、さまざまなことを引き算のように削っていくことでもあるのです。私たち人間は、いらない情報か? いる情報か? ということを、子どものうちから本能的にソーティング(分類)しているわけですね。そしてそのソーティングこそが、学びの根幹なのです。

ところがどうでしょう。こういう機能をないがしろにして、英語の微妙な発音と日本語を、いわばごちゃ混ぜに教えてしまう。日本人に囲まれた生活をさせながらも、言語だけバイリンガルに育てようとする。これでは脳の言語機能はある種の混乱をきたすことになります。

まだ母国語がしっかり定着していないうちから第2言語を頭に押し込もうとすると、それらの微妙な違いを区別できなくなります。その結果、母国語も第2言語も両方の成績が悪くなるという、どっちつかずの能力しか育たない危険性があるのです。

ところで、脳が不必要なものを削るということは、人間にとってどんな利点があるのでしょうか。それは、削られずに残される情報がより強く記憶に定着する。つまり深化に向かうということです。

たとえば、何かを表現するとき、日本人なら日本語という一つの言語を用いて、あれこれ試行錯誤しながら微妙な「綾」や「深さ」を表現しようとしますよね。どう表現したら伝わるか……知っている日本語を選んだり組み合わせたりと、私たちは会話をしているときには、同時に忙しく思考を巡らせています。

一方、日本語と英語のバイリンガルの機能を持つ脳であれば、それぞれの言葉で表現を掘り下げようとするベクトルが弱くなります。日本語と英語、その両方で考えることができても、思考そのものが深まらないのです。

ですから、早期教育によるバイリンガルでありながら、どちらかの言語での文豪や文学者になることは難しいでしょう。

このことからいえるのは、物事をしっかり掘り下げて考えられるようになるには、まずは土台となる母国語をしっかりと身に着けることがとても大事ということです。

外国語の越えられない壁

このような現象に付随して、心理学者の高野陽太郎氏は「外国語副作用」ということを
いわれています。それは、第2言語にどれほど習熟しても、母国語の人と話をするときには越えられぬ壁があり、必ずマイナスの作用が伴うというものです。
たとえば、あなたが日本人の知り合いと会話をしているところを想像してみてください。

相手が話をしているとき、あなたは相手のしゃべっていることを1から10まですべてちゃんと聞いているでしょうか? 相手の目を見ながら熱心に話を聞いていたとしても、じつは100%漏らさず話を聞いているわけではありません。すべてを聞くのは、不可能なことなのです。
なぜなら、話を耳に入れながら、「これにはこういう返事をしよう」とか「相手の話に賛成できそうか?」というように、常に会話の次の一手を考えなければ会話が流れていかないからです。相手の話をヒアリングすることと、次に自分が何を話すかを考えることの2つの作業を同時に行わなければならないのです。無心に話を聞くだけという状況は、ほとんどないでしょう。

会話とは、ヒアリングしながら自分の意見を考えること。つまり、デュアルタスク(二重の仕事)をこなすことが必要なわけです。ところが、学習によって身に付けた英語でイギリス人と会話をすれば、相手がしゃべる内容を聞きとることに100%集中せざるを得なくなりますね。聞き逃すまい、ということで頭がいっぱいになります。デュアルタスクどころではなくなります。

自分が次に何を話そうかといったことまで頭が回らないので、深い会話が成立しづらい。外国語でコミュニケーションをとるのはいかにも知的ではありますが、じつは思考がおろそかになるという副作用もあるのです。

「社内公用語」の弊害

最近は「社内公用語」を英語にするという企業が増えているそうです。ビジネスのグローバル化という状況を考えると、英語が使えなければ国際社会では通用しない! と考えている経営者が少なくないからでしょう。

以前は「英語を公用語にするなんて社員の負担が大きく、仕事の支障になる」という批判もけっこう聞かれましたが、いまでは国際社会に対応すべく、社員が英会話スキルを向上させるのは当たり前といった雰囲気があるようです。

しかし、それはあながちよいことばかりだとは思えません。先の「外国語副作用」というものを考慮すれば明らかではないでしょうか。英語を社内公用語にすると、仕事のさまざまな面で、じつはマイナスの影響がもたらされるとおもいます。

英会話を取り入れることは英語上達のトレーニングにはなるかもしれませんが、お互いにヒアリングにばかり気をとられて、深い思考と円滑なコミュニケーションは難しくなります。会議でも自分が考えていることを十分に表現できず、そのために新しい提案が通らなかったり、上司からの評価が低くなったりすることだってあるでしょう。

海外の会社との取引では、当然ですが英語をネイティブとする相手がイニシアティブをとることが多くなります。日本人が頑張って英語で交渉しても不利なばかりです。
こうしたことを考えれば、社内公用語を英語にしてまで身に付ける英会話は、かえって大きな経済的損失を招くことになるかもしれません。仕事をしゃにむに英語でこなそうとするのは、格好はよいかもしれませんが、実益は小さくなるという認識を、冷静に持つべきだとおもいます。

ダイヤモンドオンラインから

-キャリア・教育, ライフ

Copyright© 書ききれないこと , 2019 All Rights Reserved.